1. HOME
  2. 赤外線外壁調査業務
  3. 赤外線外壁調査とは

赤外線外壁調査業務

赤外線外壁調査とは

赤外線外壁調査とは…
赤外線サーモグラフィによる表面温度計測により外壁内部の状況を離れたところから調査します。足場やゴンドラをかける必要がなく、様々なメリットがあります。

赤外線外壁調査のメリット

1.早くて安全、そして低価格
現地での調査は赤外線カメラでの撮影なので、作業は短時間で済みます。足場作業やゴンドラ、ブランコ作業の場合、調査員や周辺の安全に気を配る必要がありますが、赤外線外壁調査は非接触なのでその必要はなく、危険なく調査することができます。なのでコスト面も足場を掛けての打診調査と比較すると、赤外線調査なら概算で1/5くらいの費用で調査することができます。

2.信頼性と調査の見える化
一般社団法人街と暮らし環境再生機構(略称TERS)が認定している『赤外線建物診断技能師』の資格を取得した調査員が、お客様にとって公正・中立的な第三者機関の立場で赤外線による雨漏診断・外壁劣化診断を行います。赤外線建物診断については、TERSが診断報告書の公正性・適正性を確認した上で、調査会社よりお客様にご報告いたします。また、調査結果は赤外線サーモグラフィーのデジタルデータを報告書にまとめるので結果に間違いがなく、どの調査会社で行っても公平性を保てます。

3.利用者に迷惑をかけません。
外壁調査は一般住宅、マンション、病院、事務所、店舗、工場など調査は様々な建物で行います。赤外線外壁調査は、外壁の周囲に足場を掛けたりゴンドラを下げたりする必要がなく、現場での作業は離れた場所からのカメラ撮影になるので、調査する建物の利用者や住んでいる方に迷惑をかけることなくことなく調査することができます。