1. HOME
  2. 赤外線外壁調査業務
  3. 赤外線外壁調査の流れ

赤外線外壁調査業務

赤外線外壁調査の流れ

1.事前ヒアリング 現場確認

事前にヒアリングを行い、お見積りと調査内容のご提案をします。内容にゴなった奥いただきましたら現場確認を行います。
(1) 外壁の日射状況や風の強さ等の確認

(2) 周辺環境により撮影出来ない外壁部の確認

(3) 赤外線カメラの撮影位置の確認

2.赤外線調査

(1)赤外線カメラの撮影位置の選定を行い、カメラの仰角、水平角の確認を行う

(2)壁面に汚れ、エフロレッセンス、錆水などが付着している場合は浮きと誤認しやすい為その場合は野帳に上記の状況を書き込む。

(3)ラスタータイル等反射率の高いタイルは太陽光の反射や、建物周囲の樹木等の写り込みが大きい為、赤外線カメラでの撮影時にカメラの仰角や水平角を変えて撮影する事により、浮きによる高温部か、その他の影響による高温部を正しく判別する事が重要です。
(4)赤外線現地調査:赤外線装置法
    赤外線サーモグラフィ装置を用いて壁面仕上げ材の浮き状況を測定する。
    <使用赤外線サーモグラフィカメラ>xxx社製 xxxxxxxx
    熱画像解像度 78万画素=1030×765 ピクセル 標準・望遠レンズ使用。

(5)打診等調査
 手の届く範囲及び、赤外線サーモグラフィ装置で測定が困難な箇所は、可能な範囲にて打診棒により打診調査を実施する。

(6)目視調査
肉眼及び、双眼鏡により外壁のひび割れ等の劣化調査を行う。

3.報告・アフターフォロー

赤外線サーモグラフィカメラ、打診調査、目視調査により収集した現地調査結果を取りまとめ赤外線画像解析を行います。調査の報告書を作成し調査結果をご報告いたします。どのタイミングでの修繕が必要か調査後もご相談ください。修繕工事が必要な場合、施工会社をご紹介することも可能です。

赤外線調査報告書の内容

(1)建物概要

(2)調査会社名、調査資格者名、調査対象面

(3)調査実施日、調査時の天候等(日照時間)

(4)浮きと思われる箇所の抽出図(立面図に位置と大きさを記入)ひび割れや、エフロ、欠損等は目視にて調査します。

(5)赤外線解析画像台帳の作成

(6)代表的な損傷写真台帳

(7)調査状況時の写真